#080 人の運はわからないものであること(2)

天明三年卯の年(※1783)、浅間山が噴火した。上州(※群馬)、武州(※東京・埼玉)の甘楽郡・碓氷郡・緑野郡・片岡郡辺りには焼けた砂が一尺から三尺にも降り積もり、田畑・堀・川を埋め尽くした。浅間に近い軽井沢などには火のまま降ったため家も焼け、恐ろしいことこのうえなかった。 “#080 人の運はわからないものであること(2)” の続きを読む