#011 万年石のこと

品川の東海寺の修繕を施工することとなり、担当役人として小普請奉行、御目付などとともにその寺へ赴いたことがあった。

この禅刹は沢庵和尚の創建であり、大猷院様が深く帰依されたため、万年石、千年杉等の御旧跡がある。

あるとき、万年石の由来をお尋ねすると、事務担当の僧が沢庵の残した記録を見せてくれた。写しとって後の慰めとする。

 

東海寺の万年石について

今年寛永癸未三月十四日、当寺に左相府が御出座された折、池中の島を御覧になる。島に幽石あり。つらつら之を見るに奇形怪状に非ず、端険梃立にも非ず。戯れに名付くとすれば栗里翁の石、李徳裕の石と云うべきか。に非ず。かの防風の朽骨か、或いは虎の白額か。に非ず。

ただ突兀とっこつとして草裡にあり、痴兀として徳容を含む。世間に奇石を求める者はいまだこの石の貴さを知らず。ひとえに恬淡虚無の趣を得て、谷神は死せずの体を示す。虚に至るを極めるが如く、静を守るを篤くするが如し。

左相府は侍臣らに命じた。「この石には名がなければならぬ。各々思うところを申せ」

侍臣らは思うところありといえども、言上申し上げるのを恐れて憚っていたため、左相府は茶炉の下に控えていた小堀遠江守政一にも命じた。彼は立ち上がって石に向かい「万年石」と三度呼びかけると、石が三度頷いた。

左相府が仰られた。「この石は万年石であることに疑いなし」

大度量の人は一言を以て天下を定むる。いわんや石においてをや。ああ石なる哉石なる哉。左相府の御言葉に応じ、石は眩い光を発して神々しくその様相を変じた。

まさしく万という字は、単に千が十あることだけを言うのではない。およそ数は一に始まって十に窮まり、十に始まって百に窮まり、百に始まって千に窮まり、千に始まって万に窮まる。万を以て数えれば、すなわち幾十百千万億兆年を知らず。この無窮を以て石の寿量と為す。石の寿量を以て君主の寿量を山に例えれば、すなわち華頂山が一万八千を累ねるといえどもなお麓にあるかの如し。以て世を計るに、すなわちまた幾万々世なるかを知らず。

非才を顧みず敢えて銘す。九鼎より重き万年石も、鈞命の重きに驚く。あまねく天下は長閑な陽気に覆われ、秋を送り春を迎える。

 


  • こぶしんぶぎょう 江戸幕府の役職。作事奉行・普請奉行とともに下三奉行と総称された。定員は享保二年の再置以後二人(以前は一~四人)、役高二千石・従五位下諸大夫・中間詰・若年寄支配であった。職掌は元方(所用物品の購入を掌る)・払方(所用物品の受取配分を掌る)の二つに分かれ、本丸・西ノ丸・大奥・二ノ丸・三ノ丸・浜御殿・紅葉山東照宮・同御霊屋・上野寛永寺・芝増上寺・品川東海寺・池上本門寺、また伝奏屋敷・評定所以下所々の御役屋敷その他の普請・修復を司った。劇職で権威があったという。配下に小普請方・同改役・同改役下役組頭・同改役下役・同吟味役・同吟味手伝役・同手代組頭・同手代・同伊賀者組頭・同伊賀者・同物書役・同掃除者組頭・同掃除者・定小屋吟味方・人足方上役・大工棟梁などの諸役があった。
  • たくあん 1573-1645(天正1-正保2)
    江戸前期の臨済宗の僧。沢庵は道号,諱(いみな)は宗彭(そうほう)。但馬国(兵庫県)出石(いずし)の生れ。31歳のとき,弟子の養成に秋霜烈日の厳しさで鳴った一凍紹滴(いつとうしようてき)(明堂古鏡禅師)の門を堺の陽春庵にたたき,その会下に転じた。只管弁道すること1年,印可をうけて〈沢庵〉の道号を授かり,一凍の生涯ただ1人の法嗣(はつす)となった。柳生宗矩のため《不動智神妙録》を書き与え,柳生の剣法の大成にも大きな影響を与えた。晩年,家光の外護(げご)で品川東海寺を開創,73年の生涯をここで閉じた。遺偈(ゆいげ)は〈夢〉の1字。著作の《理気差別論》《太阿記》など,ほとんど《沢庵和尚全集》に収められる。〈世界大百科事典〉
  • かんえいきび 1643年
  • さしょうふ 左大臣。当時徳川家光。
  • りつりおう 陶淵明。唐の詩人。自然を愛した。栗里は郷里の地名。
  • ぼうふう 〔史記、孔子世家〕仲尼曰く、禹、群神を會稽山に致す。防風氏後れて至る。禹殺して之れを戮(りく)す。其の節(骨)、車を專らにす。此れを大と爲すと。〈字通〉
    巨人伝説は世界各地にあるが,中国では,たとえば呉が越と争ったころ巨大な人骨を見つけ,孔子はこれを禹の時代の防風氏の骨といっている(《孔子家語》)。〈世界大百科事典〉
  • こくしん 「谷神は死せず。これを玄牝と謂う」[老子]
  • こぼりとおとうみのかみ 小堀遠江守政一(遠州)は茶人として遠州流の流祖たる一方、江戸幕府の奉行として活躍。〈国史大辞典〉
  • かちょうざん 中国の天台山の主峰。
  • じょう 1丈=約3メートル
  • きゅうてい (中国の夏(か)の禹(う)王のとき、九つの州から金を貢上させて鼎(かなえ)をつくり、天子の象徴として伝えたというところから)重要なもの。貴重なもの。天下にならびない宝物。〈日本国語大辞典〉
  • きんめい 君主の命令
  • 江戸名所図会[四]第2巻 4冊 1丁 万松山東海禅寺

“#011 万年石のこと” への1件の返信

  1. 伝え聞く沢庵のイメージにそぐわないペダンチックで大袈裟な文章。
    おそらく残したかったのは、見るからにそこだけ浮いている「あまねく天下は~」だけではなかったか。師の春屋宗園、陽春庵、一凍紹滴、陽春寺の名を<和気一団無尽蔵、秋を送り春を迎える>に仮託したのではないか。
    全体的に、わかる者が読めば意味が通る暗号文のようでもある。禅の修行の要訣を象徴的に顕したものなどと妄想するのも楽しい。

コメントを残す